予防(定期検診)
PMTC
歯周病
親知らず
お子様の歯の治療
顎関節
歯ぎしり
いびき治療
高齢者口腔ケア
ミニインプラント・システム
デンチャー(入れ歯)
歯のホワイトニング
歯ぐきのホワイトニング
セラミック
ハイブリッドセラミック
グラディア
プライバシーポリシー
アクセスマップ
当クリニックの誓い
クリニック設備のご案内
スタッフ紹介
ホーム > 一般・小児歯科
定期的な予防(定期検診)でお口の状態をチェックしましょう
お口の病気の代表的なものは、むし歯歯周病です。
共に細菌によって引き起こされる感染症でるから、お口を清潔な状態に保つことで予防することができます。
当院では歯の主治医として親身に皆様の歯を治療、予防していきたいと考えております。定期的な検診(数ヶ月に1回程度)で健康でキレイな歯を保ってください。
※歯石取り、PMTC、フッ素塗布、ブラッシング指導などで、むし歯・歯周病の予防に努めておりますが、やはり最高の予防法は「自己管理」にあると考えられます。しっかりと予防すれば十分にむし歯などを防ぐことができます。

PMTC プロによる歯のクリーニング
■ PMTCの手順
【1】ブラッシング状態、歯、歯肉のチェック
ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。ブラッシングの指導なども行います。
【2】研磨ペーストの注入
歯の表面、歯と歯の間、歯のつけ根の部分にクリーニングペーストを塗ります。
【3】清掃・研磨
ブラシで表裏の汚れを落とします。
三角形チップで歯間部を磨きます。
やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、歯ぐきの間を研磨します。
山形ブラシで汚れを落としにくい咬合面の溝をきれいにします。細かい部分まで全てきれいにします。
【4】洗浄
消毒液を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯を洗浄します。
【5】フッ化物の塗布
虫歯の予防になるフッ化物を塗り、より浸透させるため数分間うがいを避けます。
■ PMTCの効果
歯質の強化
研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。
むし歯の予防
細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。またエナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。
歯周病、歯肉炎の改善・予防
歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1〜3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病・歯肉炎の予防にもつながります。
審美性の向上
タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また汚れを着きにくくします。

歯を失う大きな原因「歯周病」について
歯周病は、歯を支える周りの組織に起こる病気です
歯の周りには、歯を支える色々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こります。また、歯の周りだけでなく全身的な要因・病気も原因となります。例えば糖尿病の患者様には、かなり重度の歯周病の方が多いのですが、糖尿病が悪化すると、歯周病も悪化するという関係が見られます。
ほとんどの大人がかかっている歯周病
35歳〜44歳の人ではおよそ85%、45歳〜54歳では約90%の人が、歯周病にかかっていると言われています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつです
歯を失う原因の第一位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。
動脈硬化や糖尿病…全身疾患との関連
歯周病については近年、動脈硬化や糖尿病などの全身疾患との深いかかわりが指摘されるようになっています。歯周病が進行して深くなった歯周ポケットでは歯周病菌がさらに増殖し、炎症が起きている部分は傷が開いたような状態になり、ここから血管に細菌が入りやすくなります。動脈硬化、糖尿病だけでなく歯周病菌が危険因子となる病気は幅広く考えられます。適切なブラッシング(歯磨き)をはじめ、高い予防意識が必要です。

親知らず治療 腫れや痛みの少ない治療を心がけます
■ 親知らずを抜く理由
親知らずを抜かなければいけないのか、悩んでる方は多いと思います。親知らずを放っておくと、次のようなトラブルを起こす可能性があります。
親知らずと歯ぐきの間にばい菌が入ることがあります。
親知らずと、その前の大切な第二大臼歯が虫歯になることがあります。
周囲の骨が、炎症を起こすことがあります。
他の歯を押し出して、歯並びを悪くすることがあります。
■ 親知らずを抜くと腫れる?
「親知らずを抜くと腫れますよね?」とよく患者さんに聞かれます。しかし、親知らずを抜くと必ず腫れる訳ではありません。上の親知らずの場合は、ほとんどが簡単に抜けますし、下の親知らずでも、腫れや痛みが出にくい抜歯オペがあります。
ふつう歯ぐきで埋まっている親知らずを抜く場合、歯ぐきを切って、歯の周りの骨を削って抜いた後、縫い合わせるやり方が一般的です。しかし、このやり方だと腫れ・痛みが出やすいです。当院では、 歯ぐきをほとんど切らずに抜く方法に改良し、術後の経過も良好です。
※埋まり方により、この方法で処置できないケースもあります。
「親知らずを抜くのは嫌だな」という患者さんお気持ちはよくわかりますが、親知らずの症状や、他の歯への影響を考えた上で、抜歯をした方がいい患者さんには、抜くことをおすすめしています(正常な方向に生えていてきちんと磨けているケースは抜く必要はありません)。
親知らずの生え方は、患者さんによって違います。一人一人に合わせて処置を致しますのでご安心下さい。
ご心配な方は、こちらからお気軽にご相談下さい。

お子様の大切な歯を守る虫歯予防 ※痛くない治療を心がけております
歯は、一度穴があくと、元の状態には戻りません
詰めものをしても、いつかは外れてだんだん大きな詰めものになっていきます。削っていない歯が一番強いのです。また乳歯が虫歯になると、大人の歯も虫歯になりやすいです。大人の歯に生えかわる間に、お口の中が虫歯になりやすい環境になっているからです。後悔しないために、虫歯予防のポイントをいくつか挙げたいと思います。
フッ素
乳歯や生えたばかりの永久歯は、まだ軟らかく、虫歯になりやすい状態です。フッ素を塗布することにより、歯の表面を硬くし、虫歯になりにくくする効果があります。当院では、毎日自宅で行うフッ素うがいをおススメしております。ご自宅でのうがいはお子様への負担も少なく、一番効果が高いと言われております。
シーラント
奥歯の溝は汚れが残りやすく、虫歯になりやすいものです。その予防として、歯を削らずに溝の深いところだけを特殊なプラスチックで埋める、「シーラント」という予防治療が有効です。(保険適応)大人の歯が生えてきたら、順にシーラントをつけることをおススメします。
歯みがき指導
小さいお子様から歯みがき指導いたします。歯みがき好きのお子様にしましょう!


▲ このページの上部に移動
えとう歯科クリニック 〒816-0962 福岡県大野城市つつじヶ丘1-15-26
ご予約は 092-596-8388 までお電話下さい WEB相談フォームはこちら
休診日:日曜 祝日 水曜 ※駐車場有 各種クレジットカードご利用できます